重要なのは古い角質を取る事

足の臭いを今後も乗り切るために改善するしようと思い立ちました。この夏だけなんて言わず、今後もずっと乗り越えるための対策や改善をしたいんです。
小学生の頃から「自分は足が臭かったから今も臭いままなんだ。」「最近、足が凄く臭い、洗っても夕方には嫌な臭いが。」「今夜の飲み会、靴脱ぐ所だったら嫌だな。」なんて悩みを抱えていませんか。以前の私は、こう思っていました。
そして私は遂に3年前からその悩みから解放されました。
その実体験の話をさせてください。

3年前、仕事柄、靴をよく脱ぐ事の多い場面に打ち当たっていました。
さすがに周りの人の、足の臭いの反応も気になり、靴を脱ぐと分かった日はトイレで足をウェットティッシュで拭いたり、消臭剤をかけたり、わざわざ足の臭い対策のために替えの靴下を持参して隙を見て履き替えたりしていました。
しかし、どの対策も効果が有りませんでした。
同じような事をして改善されていない方は、それはあまり効果も持続性もないので、気休め程度でやめましょう。
大事なのは根本的なことです。
私は次のようにアプローチを変えました。
まず、足は毎日洗う。
当然ですがここで重要なのは古い角質を取る事です。
スクラブや軽石で初めは最低週2回は行いましょう。
あとは爪が伸び切っていませんか?爪と皮膚の間にも汚れは溜まるので清潔に保ちましょう。
そして、一番効果があったのは、靴を変えた事です。
靴を洗った所で染み付いた汗の臭いというのは履いて時間が経てばすぐ甦ります。
私の経験上そうでした。
靴屋さんに持っていって「イオン洗浄」してもらっても変わりませんでした。
履いてれば、何日かすれば元通り。
いくら、足を清潔にしても靴のせいで「臭いが消えない、足が臭すぎるんだ」と勘違いして、諦めてしまうのは早いです。
臭いからの解放のための出費は最初は仕方ないです、我慢しましょう。臭いのためなら気に入って履き続けていた靴を捨てる勇気も必要です。
まず通勤用の靴を日替わりで履けるように通勤靴2足、プライベート靴も新調しましょう。
または何足かプライベート履きできる靴を靴箱から出しましょう(すでに臭い想い出のある靴は絶対駄目)。
何より重要なのは同じ靴を毎日履かない事です。それを守ってください。私はこれで短期間で足の臭いから解放されました。その後1度も臭いに悩まされていません。
スクラブ洗浄も今は極たまにしかしていませんし、臭い対策のための靴下の替えも準備していません。それだけ、変わります。是非、実践してみてくださいね。

体臭を消すためにみんなが実践した体験談